2010年03月19日

生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は19日午前の記者会見で、民主党の生方幸夫副幹事長が小沢一郎幹事長を批判して解任されることについて、「かねがねあそこの党の運営は極めて強権的、独裁的だと思っていたので、その現れなのかなという印象だ」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

NEC元部長の過労自殺を認定…東京地裁(読売新聞)
<鳩山首相>政治とカネ「率直に反省」(毎日新聞)
小学校教諭が6年生に「お前たちは粗大ごみ」(読売新聞)
法勝寺九重塔の基礎を確認=東寺五重塔の2倍以上−京都市(時事通信)
切手偽造で会社役員逮捕=「手作りで1枚1時間」−大阪府警(時事通信)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。