2010年01月16日

救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)

 厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)は15日の総会で、病院勤務医の負担軽減策の一環として、軽症でありながら救急病院を受診した患者からの特別料金徴収を検討することなどを盛り込んだ、2010年度の診療報酬改定の骨子案をまとめた。

 救急医療については、軽症患者の夜間や休日の安易な受診が、勤務医の疲弊や重症患者の治療への支障につながっているという指摘がある。

 厚労省はこの日の総会で、救急外来で薬の長期処方を要求したり、虫さされや指のトゲの治療を求めたケースを軽症者の例として示した。そのうえで、特別料金徴収を、全国221か所の救命救急センターの救急外来を訪れた患者のうち、診断前に医師から軽症だと判断された人を対象に行う方針を示した。保険診療の自己負担とは別に費用がかかることを説明し、それを受け入れて受診した場合に徴収する考えだ。

 総会では、患者の受診抑制につながることなどを理由に慎重意見も出たが、最終的に了承された。中医協は22日まで骨子案への国民の意見を受け付け、2月中旬にも改定の詳細を決定する。特別料金徴収も10年度中に実施したい考えだ。

 骨子案にはこのほか、〈1〉多数の救急患者を受け入れるための体制を整えている医療機関を評価する〈2〉医師事務の作業補助者をより多く配置した機関を評価する――ことなどを盛り込んだ。

共産党、第25回大会が開幕 米大使館から来賓出席へ(産経新聞)
織田作之助賞に中丸美繪さん(産経新聞)
<直木賞>佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)
亀井氏、山拓氏の移籍否定せず(スポーツ報知)
北朝鮮サッカーチーム来日?警備当局ピリピリ(読売新聞)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 03:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。