2010年01月20日

三井生命が、7千人分の顧客情報入ったPC11台紛失(産経新聞)

 三井生命保険は15日、7247人分の保険契約者の顧客情報が保存されている営業用モバイルノートパソコン11台を紛失したと発表した。現時点で、顧客情報の流出や不正利用は確認していないという。パソコンは東京都、千葉県、大阪府の営業所で使われていたもので、平成16年7月から20年8月の間に紛失したとみられるという。

【関連記事】
子供583人分の健診データ紛失 京都の小学教諭
鳥取のHIV検体紛失事件 容器の一部発見
郵便物入りの袋紛失 松江支店が被害届
HIV検査の検体紛失 鳥取県
初売り福袋客など個人情報106件分紛失 高島屋大阪店 

派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
<小沢幹事長>土地購入問題で陳謝 違法性は否定(毎日新聞)
検察批判会合への政務官出席で官房長官が口頭注意「不適切」(産経新聞)
子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選が17日告示され、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補を届け出た。投開票は24日。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画受け入れの是非が最大の争点だ。
 届け出は午後5時に締め切られ、稲嶺、島袋両氏の一騎打ちとなる見通しだ。島袋氏は滑走路を沖合に移動させることを条件に、辺野古への移設を容認。自民、公明両党から支持を受けている。稲嶺氏は県外移設を主張している。 

【関連ニュース】
名護市長選が告示=普天間移設の受け入れ争点
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示
説明不十分なら審議拒否も=自民・川崎氏インタビュー
「移設に断固反対」=普天間問題で意見書
普天間決着「悲観的」=行き詰まり想定し代案検討を

「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換−愛知県春日井市(時事通信)
<貧困支援>延べ1万3127人が宿泊提供受ける 年末年始(毎日新聞)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)
刑事に力点、地方サポート 裁判員裁判施行で法テラス(河北新報)
<タクシー>事故防止へ室内カメラ…2千台に装備 北海道(毎日新聞)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。