2010年01月22日

「党内一枚岩だから」小沢氏問題批判なし…首相(読売新聞)

 鳩山首相は18日夜、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、党内から表だった批判が出ていないことについて「私どもは小沢幹事長を信頼している。その信頼の中で一枚岩になっている。だから、こういう状況の中でも冷静に対処しようじゃないか、真実をしっかり見つけようじゃないかという気持ちになっている。それに尽きる」と記者団に語った。

 その上で「必要に応じて小沢幹事長ご自身が判断して説明することを望む。今もその思いだ」と述べた。

虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)
「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)
<ハイチ大地震>政府の医療チーム、C130輸送機で派遣へ(毎日新聞)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなる進退? 小沢氏が福井で記者会見「選挙に影響ないよう結論」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日夜、福井市内で記者会見し、自身の資金管理団体の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件について参院選への影響と幹事長職の進退を問われ、「報道でこれだけ批判されれば影響は出る。できる限り公正な捜査に協力し、早い機会に国民の理解してもらえる結論を得て、参院選に臨みたい。選挙にできるだけ影響のないよう速やかな結論を得たい」と語った。

 これまで小沢氏は、東京地検特捜部の事情聴取に応じてこなかったが、改めて参考人としての事情聴取を要請されたことから、これに応じる考えを示したものとみられる。

【関連記事】
どうなる進退? 小沢氏が福井で記者会見「選挙に影響ないよう結論」
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」
景気対策、財政再建でも激論必至 「政治とカネ」と波状攻撃
徹底対決!民主が“検察リーク”対策チーム 小沢氏関連事件で
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず

鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」(産経新聞)
石川議員を逮捕=小沢氏団体の報告書不記載−政治資金規正法違反・東京地検(時事通信)
<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)
<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)
改正薬事法、漢方薬の郵送販売禁止 嘆く利用者 店主危機感(河北新報)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)

【政治部遊軍・高橋昌之のとっておき】小沢氏の政治資金問題(上)

 今年初めてのコラムとなりますが、今年の政界の注目は鳩山政権、中でも最高実力者と呼ばれる小沢一郎民主党幹事長がどう動くかでしょう。その前に今、小沢氏の政治資金の問題が、焦点となっていますので、今回はそれを中心に私なりの見解を書きたいと思います。

 私は平成4年に小沢氏の番記者をやって以来、小沢邸での新年会に出席するのが恒例となっているので、今年の元日も出席してきました。ただ、今年は民主党が政権を獲得したこともあって、例年とはかなり風景が異なりました。

 まず、都内の小沢邸まで行くと、道路は蛇腹式のバリケードで遮られ、多数の警官が警備にあたっていました。小沢氏はこれまでも政界のキーマンでしたが、これほど厳重に警備が行われたのは初めてのことでした。ただ、理由はすぐに分かりました。いくつかの団体が抗議活動詰めかけていたからです。

 周囲は閑静な住宅街なのですが、団体は「売国奴・小沢は辞めろ!」などと、シュプレヒコールをあげていました。私が小沢邸に入ろうすると「お前も小沢の犬か!」と罵声(ばせい)を浴びましたが、団体の反発は小沢氏が中国との関係強化に動いたり、永住外国人地方参政権付与法案の提出、成立に意欲を示していたりすることへのものだと思います。

 新年会も例年以上に民主党などの議員が詰めかけ、2階の大広間に入りきれない状況でした。いつもは記者もこの大広間に入り、小沢氏や出席した議員と大いに語り合うのですが、今年は記者団は1階の応接室に設けられた席に通され、2階の大広間での小沢氏のあいさつの取材は、代表取材でした。

 この新年会は、普段ほとんど個別取材を受けない小沢氏と、酒を酌み交わしながら直接、話をする貴重な機会でした。しかし、今年は記者が小沢氏と個別に話をする機会はなく、これは残念なことでした。私は部屋をちょっと抜け出して、小沢氏に個別にあいさつしたのですが、そのときのやりとりはここで書く内容ではないので、伏せておきます。

 今年の小沢氏の新年会でのあいさつは「夏の参院選で勝利し、本格政権をつくる」ということに尽きます。つまり、夏の参院選で民主党が単独過半数を獲得して衆参両院を制し、小沢氏が掲げてきた「国民生活が第一。」の政治を実現するということです。

 現在の鳩山政権は、平成22年度予算編成をはじめ、衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)を実現できていません。また、米軍普天間飛行場移設問題をはじめ、決着できずに先送りしている問題も多々あります。この大きな要因は政権を獲得してまだ4カ月にすぎないうえ、民主党が参院で過半数を制しておらず、連立を組む他党に配慮して思い切った政策を断行できないためでしょう。

 その意味で、小沢氏は自身にとっても政治的に最終決戦といえる夏の参院選で勝利し、練り続けてきた政策を実行していきたいということなのだと思います。

 しかし、その前に小沢氏は今、政治資金の問題で重大な局面に立たされています。問題とは、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」が平成16年に行った土地購入をめぐり、小沢氏の元公設秘書で会計事務担当者だった石川知裕衆院議員が、政治資金収支報告書に土地代金の原資4億円を記載していなかったというものです。

 東京地検特捜部は今月5日、この問題で小沢氏に事情聴取を要請しましたが、小沢氏が応じないため、13日に陸山会や小沢氏の個人事務所、大手ゼネコン「鹿島」本社などを一斉に家宅捜索しました。

 特捜部がこれらの捜査を進めているのは、土地代金4億円の原資に、水谷建設などゼネコンの裏献金が含まれている疑いが強く、裏献金の提供に鹿島が関与している疑いがあるとみているためです。捜査関係者によると、東北の公共工事では長年にわたり、ゼネコン間の談合が行われていたとされ、その仕切り役が鹿島東北支店幹部で、受注業者にお墨付きを与える「天の声」を出していたとされるのが小沢氏だそうです。

 特捜部は小沢氏のこの問題は、表向きは政治資金収支報告書の不記載という「軽い問題」だが、その裏には公共工事を与える見返りにカネを受け取っていたという「重大で悪質な問題」があるとみているのです。

【関連記事:政治部遊軍・高橋昌之のとっておき】
小沢氏の政治資金問題(下)意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏
政治ショーより政治主導を
事業仕分け結果の仕分けを
鳩山首相は国益を考えて決断を
移設先は日米合意通りで決着との情報

更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
高見順賞に岡井、岸田両氏(産経新聞)
<郵政改革法案>素案固まる 郵貯上限引き上げで金融業強化(毎日新聞)
<阪神大震災>発生から15年の朝 さまざまに鎮魂の祈り(毎日新聞)
衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相、「大変遺憾」(産経新聞)
posted by ウルシバラ ヨシミ at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。